ホーム > 季節の便り

季節の便り

2021年11月22日

山の水路掃除。[地域の話題]

2021.11/14

晩秋、初雪が降る頃。

野沢温泉では、各地区共同で水路の
掃除(落ち葉、泥上げ等)を行います。

雪消しに使う水がスムーズに流れるように
毎年行っている重要な作業です。

我が家を含む中尾4組の担当は、
柄沢第一リフト終点上のスカイライン
コース尾根付近の沢です。
 
 
最初の水の流れは、こんな感じです。

s-IMG_2494.jpg
 
 
落ち葉を拾い、流れを確認しながら
沢を下っていきます。

s-IMG_2493.jpg
 
 
少ない水の流れですが、とても重要なので
丁寧に確認します。

s-IMG_2496.jpg
 
 
柄沢ゲレンデ脇まで下りて来ました。
 
 
ここで大きめの水路に合流するのですが
かなり落ち葉やゴミがたまっていました。

s-IMG_2498.jpg

落ち葉を掻きだし、できるだけ流れを
良くします。
 
 
冬を迎えるため、雪国の暮らしにはかかせない
作業なんです。
 
 
朝6時半から行いましたが、
かなり冷え込んでましたね。

いよいよ本格的な冬が近づいてきました。

2021年11月15日

晩秋の風物詩「野沢菜の漬込み」。[野沢菜]

2021.11月

11月に入り、野沢温泉では自家製
野沢菜漬の仕込みが始まりました。

ですが、今年は暖かいんです。

本当は寒い時のほうがいいんだけど...。

(気温が高いと酸味が増すみたいです)

今日は快晴!

柄沢ゲレンデからは、「妙高山&火打山」が
良ーく見えます。
 
 
s-IMG_2488.jpg

妙高山頂は雲がかかっています。隣の火打山は
雪で真っ白ですね。
 
 
柄沢ゲレンデ横の斜面は紅葉も終わりかな?

s-IMG_2489.jpg

青い空に紅葉、いい感じです。
 
 
畑の野沢菜

s-IMG_2486.jpg
 
 
スキーリフトの準備は着々と進んでいます。

s-IMG_2492.jpg

柄沢ゲレンデからゴンドラへ繋ぐ連絡リフト
 
 
収穫した野沢菜

s-IMG_2484.jpg

これから洗って、漬け込みます。

2021年11月03日

あけびの蔓(つる)細工。[山の幸]

2021.11/3

野沢温泉では奥山から雪の便りが届き
日々冬に向かっていると感じます。

先日、スキー場説明会がありました。

今シーズンも感染症対策を万全にした
スキー場になるよう、みんなで協力して
いきたいと思っています。
 
我が家もしっかりと対策をして、安心して
楽しめるよう努力したいと思います。
 
 
野沢温泉で豊富な温泉が湧出する「麻釜」。

いくつかある釜の一つ「丸釜」に
何かが浸けられています。

s-IMGP2617.jpg

これは何?

わかりますか?

野山に産するあけびの蔓(つる)です。

昔から野沢温泉村周辺で、あけびの蔓(つる)を利用して
玩具や籠類が製作されています。
 
 
s-IMG_2479.jpg

立派な籠ですね。

もちらん我が家で作ったものではありませんが
素晴らしいですね。
 
 
職人さんにお聞きすると、材料は山に自生している
天然のあけびの蔓を使うとのこと。

蔓細工に使える10~15ミリの太さに成長するには
10年は掛かる!!ですって。

採集した蔓を温泉に20分ほど浸けるそうです。

理由は、水よりも温泉の方が柔らかくなり
編みやすくなるとのこと。
 
 
完全手作りの花かご。

s-IMG_2481.jpg

野沢温泉にお越しの際は、お土産屋さんで
探してみてください。

2021年09月23日

柄沢ゲレンデのクマ捕獲器。[地域の話題]

2021.9月

野沢温泉では徐々に秋の気配が
深まってきました。

朝晩は涼しく、ちょっと寒い時も...。

中尾の湯の熱い温泉も、あまり苦にならなく
なってきましたね。

柄沢ゲレンデは、春から秋は一面の畑。

皆さん色々な野菜を栽培しています。

普段あまり気にせず通っている道路わきに
看板があって!
 
 
ん??

s-IMG_2217.jpg

クマ専用の蹴り糸式の捕獲器です。

柄沢ゲレンデでは、毎年、クマ(月輪熊)の
目撃情報があり、私も昨年、ゲレンデ上部で
親子クマを目撃しました。
 
 
近くで見ると...。

s-IMG_2219.jpg

扉が閉まると中が暗くなるので、クマが暴れにくく
取り扱う人間の安全性が高い捕獲器のようです。
 
 
我が家の畑の近くにもありました。

s-IMG_2220.jpg

扉はメッシュとシャッターの2枚構造で、入った後は
中が暗くなり、クマがおとなしくなるみたいです。
 
 
クマと人間の境界が近くなり、トウモロコシなど
美味しい餌を求めて山から下りてくるのですが、
人間を恐れていないのが心配です。

実際、クマが捕獲された情報はありませんが
常に用心が必要ですね。
 
 
 
我が家の大根が少しずつ大きくなってきました。

s-IMG_2223.jpg

今日は発芽した苗のうち、大きい1本を
残す作業をします。

現在、虫食いもなく順調に育っていますね。
 
 
初雪が舞う頃に収穫します。

熱々のおでんが楽しみです。

2021年08月28日

平ヶ岳はつらいよ。[雪・山・スキー、ボード]

2021.8月

群馬県と新潟県にまたがり
奥利根源流部に位置する百名山。

平ヶ岳(ひらがたけ)2141m

近場の百名山へ行こうということで
良く調べもせずに...。

朝4時に野沢温泉を出発。

新潟の魚沼辺りから山道を奥へ奥へ。

奥只見湖周りの細い道を通って
やっと着いた登山口。
遠かった~。

登山口に人の気配はなく、7時にスタート。
既に蒸し暑い...。

下台倉山、台倉山、池ノ岳を越えて
辿り着く「平ヶ岳」。

下台倉山を目指します。

s-IMG_2147.jpg

やせ尾根と急登を越える道のりに
体力を奪われ、なかなか先が見えません。
 
 
少し視界が開け、景色の良い所に来ました。

s-IMG_2152.jpg

この奥のほうに見える丸い山が目的地かな?

それにしても暑い!じめじめして汗だくです。
 
 
やっと着いた姫の池。ここで一休み。

s-IMG_2153.jpg

目の前には平ヶ岳。
山頂部は広く扁平な草原のようです。

池ノ岳を越えたので、山頂まではあと少し。
 
 
 
到着しました!

s-IMG_2156.jpg

標高2141m。山頂からは何も見えず
達成感はあまり感じられないなぁ。
 
 
 
木道に戻ってお昼にします。

s-IMG_2160.jpg

周りは正に草原ですね。

少し晴れてきました。

s-IMG_2164.jpg

風が吹いて涼しくなってきました。

しかし、時刻は午後1時!
のんびりしてはいられません。

かなりの難コースを戻らなければ...。

 

姫の池まで下って来ました。

s-IMG_2171.jpg

振り返ると、平ヶ岳。これが見納めか~。

台倉山を越えて稜線から見る山々。

s-IMG_2174.jpg

遠くに見えるのは、尾瀬の燧ヶ岳・至仏山かな?

こちらは越後山脈?

s-IMG_2177.jpg

この山は本当の奥山。
遠いところにいる感じがします。
 
 
 

登りがきつくて苦労したけれど、
下りもきつい!

s-IMG_21080111.jpg

延々と尾根沿いを下り、登山口へ。
 
 
登山口へ着いたのは午後6時。
暗くならなくて良かったです。

本日の距離:約21㎞
タイム:11時間
標高差:約1300m

野沢温泉に着いたのは、夜9時。
本当にきつかった山行でした。